商品レビュー&比較

カラリエFK-W1とFK-WH1の違いを比較!機能や電気代のコスパに違いが!




今回は、カラリエFK-W1とFK-WH1の違いを比較しました!

機能や電気代のコスパにも違いがありましたのでご紹介します!!

アイリスオーヤマのカラリエと言えばふとん乾燥機の王道ですが、その中でもツインノズルのFK-W1とFK-WH1は人気がありますね。

調べていくとターボモードで電気代が違ったり予約機能が付いていたりと、同じツインノズルでも内容を比較するといくつか違いが見えてきました。

 

という事で今回は、

・カラリエのFK-W1とFK-WH1の機能や電気代などの違いを比較!

・共通の機能も紹介!

・特典がもらえるおすすめの購入先は?

などをご紹介します!

最後の方でFK-W1とFK-WH1のおすすめの購入先もご紹介しています。

レビューを書くと特典がもらえるのでお財布のコスパにも良いのでお見逃しなく★

 

 

▼ツインノズルをとにかく安く買いたい、予約機能やターボ機能はいらないという方におすすめなFK-W1

▼温まる時間と電気代などのコスパが大事!予約や保温機能が必要な方におすすめなFK-WH1

 

カラリエのFK-W1とFK-WH1の違いを比較!

カラリエのFK-W1とFK-WH1の違いはズバリ

  1. 温める速さが凄い!ターボモードが付いているか付いていないか
  2. 保温設定ができるかできないか
  3. 温め予約ができるかできないか
  4. ホースの長さが10cm違う
  5. ホースのノズルの形状が違う
  6. デザインと大きさと消費電量が違う

比較してみると結構違いがあるのがわかります。

機能的な部分の違いも多いので1つずつ説明していきますね!

 

 

【機能の違い1】FK-WH1はターボモード付き

アイリスオーヤマで史上最高クラスの温かさを誇るFK-WH1!!

FK-W1とFK-WH1との一番の違いは「ターボモード付き」というとこだと私は思います!

 

FK-W1→ターボモード無し

FK-WH1→ターボモード付き

 

FK-W1にはターボモードはついていないので20分ほど布団が温まる時間までかかってしまいます。(気にならない方はよいかもですね)

FK-WH1のみについているターボモードは、通常モードよりも風力が強く温める時間も5分と大幅に変わってきます。

通常モード ターボモード(FK-WH1のみ)
温めモード 高温風→20分 高温風→5分
夏モード(送風仕上げ) 高温風→60分 高温風→30分
送風→ 20分 送風→20分
冬モード 高温風→60分 高温風→30分
ダニモード 高温風→100分 高温風→80分

このターボモード、温めモードだと1/4の速さで温まってしまうんですね!!

かなりの時短になるだけではなく、消費電力も通常モードが760Wでターボモードが1000Wですのでお得になってきます。

760Wで20分よりも、1000Wで5分の方が電気代は半分くらい済むのでランニングコストを考えてもFK-WH1がおすすめになってきます!

ツインノズルを布団に入れてスタートすれば5分経てばポカポカなのは嬉しいですね。

ちなみにカラリエは他のメーカーと違い余計な付属品もいらないので、もちろんマットなんて必要ありません!!




【機能の違い2】FK-WH1は保温設定ができる

FK-WH1は更に「保温モード」がついていて、運転が終わった後2時間まで保温してくれるという優れものです。

しかも、部屋の温度に合わせて自動調整してくれるのでベストな状態で布団に入ることができます。

もう最高ですね♪

急な予定で布団に入る時間が遅れてしまってもこの機能があれば安心です!

FK-W1の場合一度温めたは良いが、時間が経つと布団は冷めてしまいガッカリすることも少なくはありませんでしたが、FK-WH1があれば冷たい布団とはおさらばです!!

FK-W1→保温モード無し

FK-WH1→保温モード付き

 

使い方も「運転スタートをする前か、運転中に保温ボタンを押す」だけなので簡単ですね。

 

【機能の違い3】FK-WH1には温め予約モードが付いている

FK-WH1には更に温めの予約モード」が付いています。

わざわざ、寝る前にスタートボタンを押しに行かなくても良いのが嬉しいですね。

使い方も簡単で

1,予約ボタンを押し時間を設定する。

2,スタートボタンを押す。

たったこれだけなので、寝る時間が決まった時に数秒で設定することで活用できそうですね。

FK-W1→予約モード無し

FK-WH1→予約モード付き

 

ということで機能的な違いを比較してみるとFK-WH1は

・ターボモード付き

・保温設定ができる

・温め予約ができる

できるということろです。

FK-W1は使えないので購入の際には気を付けてくださいね。




【その他の違い1】FK-WH1はホースが10cm長い

FK-WH1はFK-W1に比べて「ホースが10cm長く80cm」あります。

ですので

  • ベッドだと届かない
  • 2つの布団を同時に温める時に長さが足りない

 

という悩みも解決ですね。

口コミで「赤ちゃん用のベッドにも届く長さなので助かります。」というのもあったりと、色んな悩みを解決する為に10cm長くなったのかと思います。

FK-W1も70cmありますので、決して短くはないのですが余裕を持ちたい方はFK-WH1がオススメですね。

FK-W1→ホース70cm

FK-WH1→ホース80cm

 

【その他の違い2】FK-WH1は立体ノズルにサイドフラップがついた

FK-WH1はFK-W1と違い、サイドフラップになり倒れにくく効率よく布団全体に風が届きます。

ロングホース×立体ノズルでムラなく布団を温めることができるのが魅力ですね。

 

【その他違い3】デザインと大きさが違う

デザイン

デザインは、若干変わりFK-WH1の方が「運転時間表示モニター」や「温風サイン」も搭載されてディスプレイが大きく使いやすくなっています。

FK-W1は最低限な感じでシンプルなデザインです。

 

大きさ

FK-WH1→幅約16.8×奥行約21.3×高さ約37cm(ホース折りたたみ時)2.1kg

FK-W1→幅16.8×奥行19.5×高さ36cm(ホース折りたたみ時)2.2kg

ですのでそこまで大きな差はありませんね。

 

【電気代の違い】ターボモードはコスパが良い!

FK-W1 FK-WH1
ターボ なし 1000W
高温 約65℃ 760W 760W
低温 約50℃ 760W以下 760W以下
送風 室温 760W以下 760W以下

ターボと高温モードのみ消費電力が記載されていたので、低温と送風の消費電力はわかってはいませんが、760Wよりは低い電力と予想できますね。

 

電気代は

用途 温度と
運転時間
電気代 ターボ
モード
電気代
あたため ふとんを温めたい時。 高温風20分 約6.3円 高温風5分 約2.1円
夏(送風仕上げ) 暑い季節、ふとんを乾燥させたい時。乾燥終了後、送風で熱気を取り除き) 高温風60分→

送風(室温)20分

約23.4円 高温風30分→送風(室温)20分 約13.9円
ふとんを乾燥させたいときに(高温風で乾燥) 高温風60分 約19円 高温風30分 約9.5円
ダニ ふとんのダニ対策をしたいときに。(100分間の高温風運転) 高温風100分 約31.7円 高温風80分 約25.3円

1000whを25円で計算しました。

送風の消費電力が確かではなかったため、高く見積もり高温風760Wに0.7をかけて予測で計算していますのでご注意ください。

詳しく知りたい方はこちらから計算してみるのをオススメします→電気料金計算サイト

 

一番使う機能は「あたためモード」だと思いますので、

  • FK-W1  約6.3円×30日=約189円
  • FK-WH1 約2.1円×30日=約63円

 

の差があり1か月で約126円の差がありますね。

1シーズンで考えると約378~630円の差がありますので長く使うのであれば、価格はFK-WH1の方が価格は高いのですが、ランニングコストを考えるとFK-WH1の方が財布に優しいのがわかります。

コンパクトで約2kgと軽量タイプですので部屋違いの家族で使うのであれば、1日数回運転すると考えるとFK-WH1の方がコスパが良いのですし時間的にもオススメですね。

▼ツインノズルをとにかく安く買いたい、予約機能やターボ機能はいらないという方におすすめなFK-W1

▼温まる時間と電気代などのコスパが大事!予約や保温機能が必要な方におすすめなFK-WH1

 

カラリエのFK-W1とFK-WH1のどっちを購入するべき?

FK-W1とFK-WH1の違いを考えると、上位機種の「FK-WH1」の方がオススメできます!

大きな理由としては、

  • FK-WH1→電気代がターボモードを使えばコスパが良いし速い!
  • FK-WH1→予約モードや保温モードが付いているので時間のストレスがないのと保温しながら寝ることも!
  • FK-WH1→ホースが10cm長いので(80cm)FK-W1でホースが短いという悩みも解決している

です。

FK-W1を購入するべきな方

FK-W1は値段がFK-WH1よりも3,000円以上安いので、価格重視の方はFK-W1の方がオススメします。

それ以外にも「保温」や「予約」「ターボモード」がいらないなど、シンプル機能のみがお好みの方や、ベッドではなく床敷ふとんの方はホースの長さがそこまでいらないのでFK-W1でも良いと思います。

 

▼ツインノズルをとにかく安く買いたい、予約機能やターボ機能はいらないという方におすすめなFK-W1

 

FK-W1を実際使った方の口コミや機能などをこちらの記事で詳しくまとめています♪

カラリエFK-W1の口コミレビュー!靴乾燥やダニ退治の評判は?アイリスオーヤマ布団乾燥機 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); カラ...

 

 

FK-WH1を購入するべきな方

FK-W1の上位機種のFK-WH1を購入するべき方は、「コスパ」やターボモード、保温、予約などの「機能性」「ホースの長さ」が気になる方にオススメします。

また、ターボモードを使えば5分で温めができるので、通常モード(20分)から比べると1/4の時間で温める事ができるので時間重視の方はFK-WH1がオススメです!

 

 

▼温まる時間と電気代などのコスパが大事!予約や保温機能が必要な方におすすめなFK-WH1

 

FK-WH1の機能性など評判や口コミなどを詳しくまとめた記事はこちらから♪

カラリエFK-WH1の口コミレビュー!ダニ退治や衣類乾燥の評判は?アイリスオーヤマ布団乾燥機 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...

 

カラリエのFK-W1FK-WH1の共通する機能!

アイリスオーヤマの中だけではなく、業界最高水準なカラリエツインノズルのFKシリーズの共通する機能もご紹介します。

ツインノズルで同時に2つのスピード乾燥

カラリエFK-W1FK-WH1はツインノズルですので同時に2つのふとんを温める事や乾燥させることができます。

ホースは伸び縮みしますので自由に長さを調整できるのが嬉しいですね。

ホースの長さはそれぞれFK-W1が70cm、FK-WH180cmと違いますので購入の際にはご注意くださいね!

 

ふとんにホースを入れるだけでマットも必要なしで使える

ふとん袋やマットがなくても、ホースをふとんの中にセットするだけで準備はOK!

立体ノズルですので、空気がふとん全体に行きわたりしっかり温まります。

 

とても軽くてサイズもコンパクトなので使いやすい

FK-W1FK-WH1ともに軽くてサイズコンパクトで

FK-W1の幅が16.8cm・奥行21.3cm・高さ37cm・重さ2.1kg

FK-WH1の幅が16.8cm・奥行19.5cm・高さ36cm・重さ2.2kg

で、更に持ち手もついているので運びやすく家族でシェアできるところも嬉しいですね!

 

自動制御機能がついているので安全

ふとん乾燥機で怖いのが、温まりすぎてふとんが痛んだり過熱による事故ですが、自動で安全な温度を保ってくれる機能もあるので安心で

  • 温度センサー~安全な範囲で運転できているか常に温度センサーで制御。
  • 温度ヒューズ~温度が上がりすぎると自動的に停止。
  • サーモスタット~内部の温度が上がりすぎを察知しヒーターの電流を遮断。

などの機能が搭載されています!

事故が起こらないように安全な機能があるのは嬉しいですね!

 

くつも乾燥できる(2足同時に)

ふとんだけではなくFK-W1FK-WH1はくつも乾燥できます!

通常はふとん乾燥機とくつ乾燥機は別々ですのでとてもコスパ良いです!

使い方は簡単で、くつ専用のアタッチメントを取り付けるだけで、後はふとんと同じように乾燥モードで同時に2足乾かすことができます。

スニーカーはもちろん、ブーツや革靴もできるのが助かりますね^^

お子様がいる家だと長靴でも濡れる機会が多いですし、冬の季節は雪などで濡れたり冷たいくつを履きたくない方も温かく清潔に掃くことができます!

スポーツなどで汗をかいた時にも衛生的で良いですね^^




ダニ対策でダニを退治できる

カラリエFK-W1FK-WH1はダニモードでダニも退治することができます。

室内で99%以上ものダニを撃退できるので、ダニアレルギーの方やマンションの事情で外干しできない方などには嬉しい機能ですね!

コスパ敵に考えても、通常クリーニングに出すと数千円はとられてしまって持ち運びも面倒ですので、自宅でお手軽にダニ退治ができるのは凄すぎます。

 

ダニ退治をするには専用のふとん乾燥袋が必要ですのでこちらからチェックしてみて下さい。

FK-WH1とダニ退治ふとん乾燥袋がお得にセットになったタイプもあります!

通常よりも500円以上安くなってますのでお得ですよ♪

この機能を目的に購入する方も多く口コミでも評価が高いので信用できます!

 

 

ちなみに、ダニを退治した後、死骸からのアレルギーが気になるという方やハウスダストや花粉などを除去したい方にはふとんクリーナーがオススメです!

 

衣類も乾燥できる

カラリエのFK-W1FK-WH1は、衣類も乾燥することができます。

専用の衣類乾燥袋の中に衣類をハンガーでかけ、ふとん乾燥機を接続すれば120分でスピード乾燥されるという優れものです!

ジメジメした季節や、室内が寒くて中々乾かない季節に雑菌の繁殖を抑えながら部屋干しができるので便利ですよね♪

詳しくはこちらからご覧いただけます。

1000円以上安く購入できるFK-WH1と衣類乾燥袋のセットもあります。

 

 

 

ちなみにFK-WH1はレビュー記事を書くとお得な特典が付いてきますので紹介しますね。

オススメの購入先は?

FK-WH1の最安値ショップはこちらです→レビューでお得なクーポン付FK-WH1のショップ

(レビュー記事を書くとお得な特典がついてきますよ★)

FK-W1の最安値の購入先は特典はなかったのですが、楽天で購入するとポイントが付きますのでお得ですね!

 

ちなみにFK-W1の最安値はこちらです→FK-W1最安値の楽天市場

ダニ退治袋とセットが通常よりも500円以上安く購入できます→FK-WH1とダニ退治袋セット

 

FK-W1とFK-WH1の違いまとめ

モデル名 FK-W1 FK-WH1
参考価格 16280円 19580円
ターボモード なし あり
消費電力 760W 1000W
ホースの長さ 70cm 80cm
予約モード なし あり
保温モード なし あり
重さ 約2.1kg 約2.2kg
立体ノズル形状 サイドフラップなし サイドフラップあり
付属品 くつ乾燥専用アタッチメント付 くつ専用乾燥アタッチメント付

さすが乾燥機と言えばアイリスオーヤマですね!

値段を比べるとFK-WH1の方がFK-W1よりも3000円以上高くなっていますが、個人的にはFK-WH1の方が機能や電気代を考えるとFK-WH1の方がコスパが良くオススメです。

もちろんFK-W1でも機能も十分しっかりしているので予算に応じて購入してみてはいかがでしょうか?

寒い時期や、梅雨のジメジメした時期に快適な睡眠をお楽しみくださいね♪

▼ツインノズルをとにかく安く買いたい、予約機能やターボ機能はいらないという方におすすめなFK-W1

▼温まる時間と電気代などのコスパが大事!予約や保温機能が必要な方におすすめなFK-WH1

 

FK-W1の詳しい口コミや機能はこちらの記事にまとめましたのでご覧ください!

カラリエFK-W1の口コミレビュー!靴乾燥やダニ退治の評判は?アイリスオーヤマ布団乾燥機 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); カラ...

 

FK-WH1の詳しい口コミや機能もこちらからどうぞ!

カラリエFK-WH1の口コミレビュー!ダニ退治や衣類乾燥の評判は?アイリスオーヤマ布団乾燥機 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ...