【土曜】コントが始まる

コントが始まる8話ネタバレ感想!4人目のマクベス楠木マネージャー中村倫也の想いとつむぎの手紙に感動!

2021年6月5日(土)22時から【コントが始まる】8話が放送!!

ついに中村倫也さんが演じる楠木実籾マネージャー(みもみん)と、「マクベス」の3人との過去や、熱い想いが明らかになります!

ゲスト出演ということで、何度か登場していましたがついにメインで中村倫也さんが見れるのは本当に嬉しいですね。

それでだけではなく、マクベス解散を決めたからそれぞれ動き出しますが、今回は中浜里穂子(有村架純)と妹である中浜つむぎ(古川琴音)との間にも発展があり見逃せない回です!

つむぎから里穂子に向けての手紙は感動ものでそこも見どころです。

最終回のコントのタイトルも決まると話題なのでそこも注目していきましょう!

という事で今回は

・【コントが始まる】8話のあらすじ

・【コントが始まる】8話のネタバレと伏線回収

・【コントが始まる】8話の感想と次回の予告

などをご紹介します!

ネタバレを含みますので、「まだ見てない方」や「ネタバレや結末」を知りたくない方は注意してくださいね!

 

見逃し配信なら2週間無料キャンペーン中!【hulu】で!!

※無料期間内の解約OK!!

huluは、

・日テレ作品の人気ドラマの独占配信が多く7万本以上見放題!

・VOD初心者におすすめ(バランスがよく使いやすい)

・海外作品(韓国ドラマなど)の独占もかなり多い!

・全ての作品が見放題なので追加料金が発生しない!!

(他のVODは結構追加料金がかかるものが多い)

月々1026円でこの本数はhuluの強みでお得です!

・コントが始まる、恋ぷに、ネメシス、有吉の壁、名探偵コナン、アンパンマンなど

 

 

配信サービス 配信状況 無料期間・月額
日テレドラマ 2週間なんと無料!!

【コントが始まる】8話のあらすじ

 

コント「ファミレス」

スーツとメガネ姿で客役をする春斗(菅田将暉)はフルーツパフェを注文した。

なぜかわからないが、フルーツパフェからは苦手なバナナだけが抜かれていた。

メイド姿のウェイトレス役の瞬太(神木隆之介)と胡散臭い店員役の潤平(仲野太賀)とのコントが始まっていく…。

マクベスの解散が決まり、それぞれ動き始めた3人と2人の姉妹。

久々に瞬太の働く焼き鳥屋に、マクベスのマネージャーである楠木実籾マネージャーが訪れる。

5年前初めてマクベスと出会ってから、一生懸命3人の為に売り込んできた日々を振り返っていた。

コントの構成、ネタの選定など真剣に取り組んできた楠木は、マクベスの3人と共に必死に過ごした時間は掛け替えのないものだった。

マクベスを陰で支えてきた楠木と解散を決めた3人。時を重ねるうちにそんな日々も色褪せていき距離は広がっていった。

 

一方、2人の姉妹もあるきっかけで冷戦状態になってしまう。

というのも、つむぎと瞬太が付き合っていることを聞いた里穂子が、つむぎの引っ越しを間近に言い合いをしてしまう。

 

そんな中、つむぎが働いているスナックに楠木マネージャーがやってくると、つむぎは楠木に名刺がほしいとお願いする。

姉からの一言がきっかけとなり行動したのだが、つむぎと楠木の関係性は今後どうなるのか?

 

そして、マクベスの3人の中で未だに「今後の道」を見つけられていない春斗は、ファミレスで1人、解散ライブに向けてのネタを考えていた。

そんな中、「何気ない一言」が気になりノートに一行ある題名を書き込んでいく。

 

潤平は、実家の酒屋を継ぐために帰る日が多くなっていくのだが、姉である弓子(木村文乃)家族や両親との跡継ぎに対する考え方など、現実に立ち向かうことになる。

 

そして物語は終盤、ファミレスで残りわずかしかない打ち合わせが始まっていくのだが…。

 

 


【コントが始まる】8話のネタバレ

瞬太とつむぎとの関係

いつも通りファミレスでネタの打ち合わせをするマクベスの3人。

そんな中瞬太は「ファンの妹と付き合ってもいいんだよね?」と再度2人に聞くと、話し方で付き合っていることが判明!

直接告白などはなかったが流れで付き合っているとわかる。

つむぎの姉である里穂子にそのことを伝えると。

中浜姉妹の冷戦がはじまる

つむぎと瞬太が付き合っていることを知ると、里穂子は

・マクベスは恋愛禁止

・解散ライブ前に迷惑をかけてほしくない

といいケンカになる。

更に「私の人生を邪魔しているのはそっち」とつむぎに言い放つ里穂子。

「解散ライブが終わるまで会わない」とつむぎ。

「瞬太が会いたいと言ったら合わないとダメ」と里穂子。

そこから冷戦が続く。

楠木マネージャーとマクベスの出会い

楠木マネージャーとマクベスが出会いは、瞬太が働く焼き鳥屋だった。

5年前、ゴルフをきっかけに常連になった楠木は、焼き鳥屋「ボギーパット」でマクベスが芸人だと紹介されマネージャーをすることに。

4人目のマクベスと思う楠木マネージャー

楠木は4人目のマクベスだと思い、コントの構成からネタの選定、今後の方針などを真剣に考え、初めての単独ライブは我がことのように喜ぶくらい真剣だった楠木。

まるで青春の日々が戻ってきたかのようにマクベスと共に歩んできた。

陰でマクベスを支えてきたのは間違いなく楠木だが結果は出ず、年を重ねていくうちに3人との距離も広がっていった。

一番最初にマクベスが売れることを諦めたのは自分だったと思ってしまう。

解散が決まった後の楠木マネージャー

解散が決まってからは、焼き鳥屋の「ボギーパット」やスナック「アイビス」などに足を運び、マクベスのメンバーと関わりがある

里穂子、奈津美、つむぎと会う。

そこで、里穂子はマクベスの名前の名付け親だったのは奈津美だったと知り、帰り道2人でファンとしてツーショットをお願いする。

奈津美は、楠木に名刺をお願いしてもらった。

潤平も本格的に酒屋を継ぐために

潤平は実家の酒屋を本格的に継ぐために行動する。

潤平の親父さんと一緒に働くが、仕事を認めてもらえずに苦戦をする。

だが奈津美との交際もあるので、潤平は覚悟を決めて真剣に酒屋と向き合う。

姉と親父さんと3人で食事をしているときに、「酒屋をなめるな」と言われてしまうが「酒屋をやらせてください」と本気で向き合っていく。

そんな姿を見ていた姉は、潤平をフォローし2人で車に乗っているとき

「マクベスをやっていたお陰だね」と潤平の成長を喜んでいた。

 

春斗と里穂子は?

春斗は1人ファミレスで、ネタを考えていると何かを思い出すように「引っ越し」と書く。

それがマクベス最後の解散ライブのコントネタになる。

つむぎの引っ越しが始まり、冷戦中の里穂子は手伝うことなく春斗の声が聞こえるとベランダに現れ話始める。

里穂子の就活の話になり、今受けている会社が合否待ちで、その会社を選んだ理由は

「パンフレットに映っていた生け花がキレイだったから」と些細な理由で選んだという。

春斗は驚き、そんな些細なことで決めれるものだと少し心が動く。

更に里穂子はたとえ話で「居酒屋で知らない絵を飾られているより、好きなスポーツ選手の写真の方が良い」など些細なことアピールする。

里穂子は「見下してい来るところ」が楠木と春斗が似ているというと、瞬太が現れ春斗は家に入ってしまう。

 

つむぎが楠木から名刺をもらった理由

つむぎは野球部のマネージャーを6年やっていて(5話の伏線)マネージャー業をやりたいと考えていた。

更につむぎは里穂子と夜中散歩していた時「野球部みたいなマネージャーの仕事ないかなー」といったことを覚えてくれたことで、里穂子のアドバイスで動き出そうと決心。

楠木がマネージャーと知り、名刺をもらい面接をお願いすることに。

履歴書をみる楠木はマネージャー業を舐めていると言うが、マネージャーをしたいキッカケをつむぎに聞くと、信頼している姉が進めてくれたからというつむぎは答える。

楠木は、きっかけが大切で自分も音楽関係に進みたかったがその時の社長にマネージャーが向いていると言われ事を伝え受け入れることに。

【コントが始まる】8話の感想と考察

 

 

放送後紹介します!

 

 

【コントが始まる】9話の予告

残りあと2話!!最終回直前のマクベスはいかに!

第9話は6月12日(土)の22時からですのでお見逃しなく♪

 

【コントが始まる】マクベスの23時と見逃し配信

hulu独占配信!!のスペシャルコンテンツ「マクベスの23時」

全話放送は1話から最新話まで【hulu】で無料配信中!

 

 

日テレ作品の人気ドラマの独占配信が多く7万本以上見放題!

VOD初心者におすすめ(バランスがよく使いやすい)

海外作品(韓国ドラマなど)の独占もかなり多い!

全ての作品が見放題なので追加料金が発生しない!!

(他のVODは結構追加料金がかかるものが多い)

月々1026円でこの本数はhuluの強みでお得です!

 

「コントが始まる」の見逃し配信はhuluで!

 

日テレドラマ

※無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。