【火曜】大豆田とわこと3人の元夫

【大豆田とわ子】6話ネタバレ考察と感想!オダギリジョー登場とカゴメが亡くなる?

2021年5月18日(火)に【大豆田とわ子と三人の元夫~まめ夫~】の6話が放送されました!

6話はまさかの展開が多く「まだ整理できない」「困惑した」という感想もあり、見どころ満載で、カゴメが他界したりオダギリジョーさんが登場することで新たな恋を匂わす出会いがあったりと見逃し厳禁です。

更に第1章完結ということで、今後のストーリーに関わる大事な話になっていますので、もし見逃してしまった方は2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】から視聴することをオススメします!

また気になる7話もSNSの意見も取り入れての考察もご紹介します。

 

 

という事で今回は

・【大豆田とわ子と三人の元夫~まめ夫~】6話のあらすじ

・【大豆田とわ子と三人の元夫~まめ夫~】6話のネタバレと感想

・【大豆田とわ子と三人の元夫~まめ夫~】7話の考察

をご紹介します!

ネタバレを含みますので、「まだ見てない方」や「ネタバレや結末」を知りたくない方は注意してくださいね!

 

見逃し配信なら2週間無料キャンペーン中!【FODプレミアム】で!!

※無料期間内の解約OK!!

FODプレミアムは、

・フジテレビ系列の人気ドラマ「月9など」の作品が5000本以上見放題!

・120誌以上の人気雑誌が読み放題!ファッションから女性誌まで!

月々976円で継続できて毎月最大900ポイントもお得!

 

 

配信サービス 配信状況 無料期間・月額
FODプレミアム 2週間なんと無料!!

【大豆田とわ子と三人の元夫~まめ夫】6話のあらすじ

第6話 第一章完結・全員集合地獄の餃子パーティー

とわ子(松たか子)は誕生日の夜に、取引先の説得のために社長のところに向かった後から連絡が途絶えた。

とわ子の誕生日を祝おうとオペレッタに集まった元夫の八作(松田龍平)・鹿太郎(角田晃広)・慎森(岡田将生)達はとわ子を心配しながらも身を案じる。

そんな中早良(石橋静河)・美怜(瀧内公美)・翼(石橋菜津美)が偶然来店し合コンのような飲み会が始まってしまう。

元義父の旺介(岩松了)から急に連絡があり、強引に呼び出された元夫と女性達は、とわ子のマンションへ行くことに。

とわ子が不在の部屋の中で、なぜか6人でギョーザを作り始めることに。

女性達はそれぞれの恋愛の愚痴で女子会状態になり、意気投合し始めるが、それが地獄の餃子パーティーの始まりだった。

 

【大豆田とわ子と三人の元夫~まめ夫】6話のネタバレ

とわ子の誕生日に元夫が集合

とわ子と連絡が取れずに3人の元夫達がオペレッタに集合する。

そんな中偶然に早良(石橋静河)、美怜(瀧内公美)、翼(石橋菜津美)が来店し、美怜が「ご一緒に飲みませんか?」と誘うことで合コン状態に。

合コンっぽく自己紹介

乾杯する前に誰が誰かわからないということで自己紹介をすることになり、

慎森から自己紹介が始まったのだが

慎森「中村です。31歳弁護士です。自己紹介なんかして自分のこともわからないのに必要なくないですか?」と相変わらずの屁理屈を言ってしまう。

翼「小谷翼です。ビジネスホテルで働いています。好きな食べ物はシウマイです。シウマイってシュウマイじゃなくてシウマイって書くって知ってました?私のことなんて誰も興味ないですよね?」と同じく嫌な感じに。

2人は付き合ってるのと聞かれると、

翼は「めんどくさく一括りってことですよね。」とまた屁理屈っぽく答える。

 

空気が悪くなったので気を遣うように美怜が

美怜「古木美怜です。岩手県出身32歳でO型の好きな動物はトイプードルです。」と自己紹介をすると、なんで女優っていうのは言わないですかと慎森が突っ込み鹿太郎はかばう。

かばった鹿太郎を見た美怜は、次の「質問の好きな食べ物は」にマーボーと答えると思いきや

美怜「北京ダック!!」とかき消すように切れ口調で答え、

鹿太郎が「マーボーをバカにするやつは人生損してる」という。

 

その発言にまたも嫌味がはじまり

早良は「三ツ屋早良です。嫌いな言葉は人生損してますよってやつです」と自己紹介する。

 

最後に田中さんは?と言われ

八作「元気です」と元気がない自己紹介に突っ込まれながらも再度自己紹介で「田中八作です。ここのものです。」と締め

「最高の出会いに乾杯」と怖すぎる空気感で乾杯をした途端、ブレーカーが落ちる。

 

ここで「莉今週のあらすじナレーション」伊藤沙莉
こんなことが起こった!!

・とわ子の家に訪れた元夫と3人の女性たち

・テレビをつけたらいきなり音量62だった元夫と3人の女性たち

・日頃の行いをめっちゃ叱られる元夫たち
・新たな出会いに「あ、どうも」「あっ、どうも」と挨拶をする大豆田とわ子

消えた大豆田とわ子と三人の元夫

 

とわ子の職場しろくまハウジングの会議

取引先から予算が出ずに、社員たちは仕事の会議でコストカットをするために試行錯誤する。社長のとわ子がいないことに心配する社員も。

元夫と3人の女性たちでとわ子の話に

元夫の元妻、とわ子の話になり会ってみたいと盛り上がる。

連絡が取れない理由から、

 

・トイレに閉じ込められている

・誕生日だから他の男とアジアンテイストの部屋でお泊りをしている

と女性たちがいうと慎真と鹿太郎は絶対ないと落ち込みながらも拒否する。

そんな会話の中急に、とわ子のお父さんから電話がありとわ子のマンションに強制的に呼ばれ6人で行くことに。

 

とわ子のマンションに6人で

いってみると元義父の「旺介」だけがいて、元夫たちに絡みはじめ鹿太郎に「誰この人?」「カメラなんかボタンを押すだけでサルでもできる」「殺されかけた、便座のスイッチを切って」などといじり倒す。

でも実は仲がよさそうだったりもする。

旺介は飲みすぎて爆睡してから6人だけで餃子パーティーをすることになり、元夫たちが餃子を作り始める。

 

元夫たちは3人だけで餃子に名前を付けたりと軽く盛り上がりながり、女性たちに「誰が包んだ餃子でしょうか?」と尋ねると流される。

 

女子たちの恋愛話が怖いことに

 

翼の恋愛話

翼は今まで3人の人のダメ恋愛を語りはじめ、3人目のダメ男である慎森のことを名前は伏せて話し始める。
「東京に来てからホテルの清掃をしているんだけど、2年前から毎日顔を合わせているお客さんで、その旅に挨拶してたのに1度も返事してもらったことがなった。いつの間にかその人のこと好きになってて、最近はじめて外で会ったのに私の顔を全く覚えていなかったんです。」

女性たちは「その人最悪だね!!ダメな男トレカ作れるんじゃない」「透明人間扱いが一番きつい」「なめんなよ!!」と強い口調でいう。
翼「私って人を見る目ないんですよね」というと、動揺した慎森は餃子を包むのがグチャグチャになってしまう。

まるで慎森のハートが潰されたかのようだった。

 

空気が重いので鹿太郎が気を使いテレビをつけようとするが、テレビの音量が突然62で慌てて消す羽目に。

 

美怜の恋愛話

「でも私も人を見る目がないのかも」と美怜も話始める。
鹿太郎のことを名前を出さずに話しだす美怜。

「この人なら新しい恋が出来るかもしれないと思っていたが間違っていた。いつもデレデレしてくれてこの人いいかもと思っていたけど、振り向いた途端、僕なんかと急に距離を置いてきたんだよね。」というと

翼が「そいう人って誰でもいいんですよ、普段かまってもらえない人はちょっと構っただけで妄想が膨らむじゃないですか?」「そういう人は恋愛じゃなくて恋愛ごっこ。」「ロマンチストは最悪、ロマンはご飯じゃなくてスパイスだ」と軽く名言。

 

鹿太郎も包んでる餃子を無意識にグチャグチャにしてしまう。

美怜「結局、彼は芸能人としての私しか見てなかったのかな」というと鹿太郎は美怜の手に触れるが弾き飛ばされる。

 

早良の恋

「二人は私に比べたら全然マシだよ。」と名前を言わずに話し始める早良。
「ちょっと余裕があって楽な人いるでしょ。こっちの話を何時間でも聞ける人だけど、それってを面倒くさがってるだけなんだなーって。」

「その人が優しいのは優しくするとめんどくさくないからで、一緒にいて楽しいのは人間関係はサービスでしかないから」というと、

八作も動揺して、具を詰めずに餃子を包もうとする。

 

美怜は「いい恋愛って二人だけでいる時だけじゃなくて、一人でいる時も楽しくなるもんね」いうと
早良は「そっちが勝手に好きになったんでしょって。僕は関係ないからさ。と思ってるんだよ。」と追い打ちをかける。

八作は「ごめんなさい」と謝るが、

早良は「謝れば話を打ち切られると思っている」と攻撃する。

 

更に追い打ちをかけるように慎森が「その人は自分を出せなかっただけ」というと

美怜は「はい、でました。言い訳の第1位言いたい事の半分も言えなかった!!」と大きく声を張って言うと。

元夫たちも反撃をするが、女性たちに

「じゃー聞くけどさ、もしあなたがもう一人いたらどう思う?自分と付き合いたいと思う?」「想像してみて。」と言われ黙り込む元夫たち。

 

餃子パーティーも終盤に

元夫たちはキッチンの方で3人小さく「ここまで言われなきゃいけないの?」と愚痴り始める。

向こうもグイグイきたし、次はガッツリ言ってやろうと話していると、

慎森が「彼女はどう思っていたんでしょう?とわ子はこんなダメな3人なのに彼女は怒らなかった。」「とわ子に甘えていたんだ。」と気付き始め彼女たちと向き合うべきだと話す。

 

餃子も出来上がり、6人で食べ始めて「反省の色」を元夫たちが出し始める。

そうすると女性たちも

「私たちも私たちだよね。」

「わがままだった。」

「反省してます。」

とそれぞれ優しい口調で元夫たちに伝える。

 

鹿太郎が「そんなことない」というと女性たちがそれぞれ好きになった理由を言い始める。

美怜→鹿太郎 色っぽいところ

翼→慎森 赤ん坊に笑いかける時などの笑顔がステキなところ。

早良→八作 言いかけたときにピンポンがなる。

旺介を迎えにとわ子のお母さんがきたがとわ子がどこにいるかは知らず帰っていき、みんなもそれぞれ解散する。

 

鹿太郎と美怜はその後

鹿太郎が「タクシー拾いますね」というと

美怜が「この間一緒にいる時に撮られた写真なんだけど、事務所に言って止めてもらった。誤解ってことになったから。」「カメラ持ってる?佐藤さんの最高傑作をいますぐとって。」と鹿太郎に頼む。

「鹿太郎さんだけをみるね。忘れようとしたよ。」「でも逆に思い出しちゃうね。」と美怜が言う。

「俺だって逆に君の事好きになってたんだよ。」と鹿太郎が言うと、

「だったら逆にいかずにこっちに来てよ。」と美怜が言う。

 

最後に鹿太郎が「逆の逆にいく。」とシャッターを切ると、涙目でタクシーに乗り込み「お疲れさまでした」と去っていく。

 

 

慎森と翼はその後

慎森は「明日から廊下ですれ違ったら挨拶するから」というと

翼は「ホテルはやめた、実家の浜名湖の温泉旅館を継ぐために帰る」という。

慎森は「ほんとに?」と動揺した声で聞くと。

翼は「東京に来てやりたいことをさがしていたけど、もうやめにして、グリーン車に乗って社長になる」と別れを告げる。

慎森が止めると

「そんなんじゃだめ!一番良い笑顔でいってらっしゃいって言ってください!あたし無視するんで」と投げ捨てる。

「行ってらっしゃい」というと「無視する価値もない」と翼が答える。

また同じやり取りをし少し離れて翼は笑顔で「いってきます!」と走って去っていく。

 

 

八作と早良はその後

八作が「店に戻って飲みなおします?」「2人ともちゃんと向き合って言ってました」というと

早良は「もう遅いよ、どこが好きかを教える時はもうその恋は片付けるって決めた時だよ。」「せっかく自分だけが見つけた秘密だったのに。」という。

 

早良「私はぐずぐずする方だけど、1人で楽しくなる才能はない。」

「私ってどうだろ?私と付き合ったら絶対楽しいと思うよ。」と自分と付き合ったらよいところを沢山八作に急に真剣に伝え始める。

 

「こんな最高な恋人どこ探したってどこにもいない。」「今逃したら一生後悔すると思う」

と八作に後悔してほしいと強く言う。

八作は「後悔できる、一生後悔すると思う。」というと

早良は「それは楽しみだな。」と歩きはじめコンビニでアイスを奢ってといい歩き出す。

 

しろくまハウジングの契約が白紙に

社長同士の話し合いで決裂になり、契約が白紙になってしまう。

更にとわ子は、会談を打ち切って退席したと報告があった。

 

カゴメの死に急展開

八作に連絡があり急展開に。

慌てて店を飛び出す八作は、コンビニにより「ホッチキス」「ストロー」「靴下」を買い、うたのところに急いで向かう。

医師の声で「午前1時17分死亡確認。」死因は心筋梗塞という事がわかる。

うたは手が震えていた。

病院にいるとわ子の元へ行った八作は、ホッチキスとストローを渡すと、カゴメと約束したパーカーのひもを上手に直し始めた。

とわ子はここで待っててと言われたと待合室にいるが

「ひとりで死んじゃったよ。ひとりで死なせちゃったよ」ととわ子がいうと八作は手を添えるように握る。

 

ナレーション

実家で葬式をしたくないという、ヤツの願いはかなえられなかった。

その分、潜り込むことには成功した。

花だけは選ぶことができた大豆田とわ子。

暗い音楽は嫌いだったので探しに行くが、曲名がわからず鼻歌で店員に伝える。

私の葬式は絶対雨だと言っていたが、めっちゃ晴れた。

 

数珠をトイレに忘れたり、 食事のワサビ入りを気にしてあげたり大忙しの大豆田とわ子。

最後の見送りに「カゴメ!!!!」と叫ぶ。

 

仕事があるので出社し、上手くやったと自分では思ったらしい。

 

その夜、カゴメの家に行き、ご飯を作り食べながらカゴメの書いた漫画を泣きながら読む。

カゴメとの思い出のシーンが流れ、その後出版社にカゴメの漫画を送るためにポストへ。

 

家に帰り、またお腹が減ったのでお茶漬けを食べた、美味しかったがワサビを入れすぎたかもしれないとナレーション。

 

1年後に話は進む。

オダギリジョーさんと出会う

話は1年後に進み、ラジオ体操のシーンに。

ラジオ体操をしていると、隣で体操をしているオダギリジョーさんと何度も目が合う。

ここでまた来週。

【大豆田とわ子と三人の元夫~まめ夫】6話の感想

皆さんの感想素晴らしいですよね!とても共感できますし、私自身もかなり号泣しましたな涙

カゴメが亡くなったとわかったシーンは一瞬時が止まったかと思って、更に一番泣きたいはずのとわ子の表情を見ていると胸が締め付けられました。

もっというと、カゴメの家に言って、ご飯を食べながら漫画を見て1人に泣くって・・・。

 

第一章だけでもここまで考えさせられて、

なんでカゴメが亡くなったのか?

なんで急に1年後なのか?

友達を失ったとわ子、3人の夫と別れているとわ子、1人の娘を育ててきたとわ子

など話だしたらきりがありません。

監督の隠された想いが詰まっている作品で今回は特に面白かったです。

 

観る人によっても捉え方がかなり変わってくるのではないでしょうか?

結局一番優しいのはとわ子でしたね^^

 

 

7話の考察とオダギリジョーさんとの関係は?

いよいよ!第2章の開幕です。

「人生最後の恋が始まる」相手はオダギリジョーさんでしょうか?

まだ名前は出てきていませんが、6話最後のシーンでは、とわ子の方から2度見してハニカムなど一方的に好意を寄せている印象でした。

しかも予告ではかなり良い顔での2ショットがあったのと、

オダギリジョーさんが「亡くなった人を不幸と思ってはならない」ととわ子に言ったときの笑顔は元夫たちには見せない顔でした。

またオダギリジョーさんを見るとわ子の顔は恋をしているよな表情でした。

となると、これは完全にオダギリジョーさんととわ子が最後の恋を今後していくことになっていくでしょう。

 

ウタは、ママと一緒にいると楽すぎて甘えてしまうと自立を決断すると予告で言っているのでまた急展開しそうですね。

仕事に関しては、また新たな壁にぶち当たる予感ですが、5話で言っていた

「人生に失敗はあるが、失敗の人生はない」というくらいなのでとわ子はヘコたれない気がします。

 

第2章が待ち遠しいですね!!

 

 

【大豆田とわ子と三人の元夫】の見逃し配信

全話放送は1話から最新話まで【FODプレミアム】で無料配信中!

 

フジテレビの動画など独占タイトルが5,000本以上!

漫画、人気雑誌も100誌以上の15万冊以上が読み放題!

毎月「8のつく日」(最大1200ポイントプレゼント)キャンペーン実施中!!

これって絶対お得!

「大豆田とわ子と三人の元夫」の見逃し配信はFOD♪

FODプレミアム

※無料トライアル中に解約すれば料金はかかりません。