生活・暮らし

ヨガマットの処分方法は間違いやすい?正しい捨て方・分別方法は?

ヨガマットを長く使っていて替え買いの時期だと思ったのは良いが

「どうやって捨てんのコレ!?」

となる方も多いのではないでしょうか?

ビックリ犬
ビックリ犬
見た感じだとヨガマットは燃えなさそうダヨネ!!
情報マン!
情報マン!
本当に間違いやすいんだよ!!見た目とは違うから気を付けて!!

ということで、実際私もヨガマットは2代目で、初代のヨガマットを処分する時にかなり手こずりましたが、最終的にはとても簡単に処分することができました。

 

ということで今回はヨガマットの正しい処分・分別の仕方をご紹介します。

ヨガマットは燃えるゴミ?処分や捨て方とは?

ヨガマットは大きさや素材によって捨て方や処分の仕方が変わってきます。

1辺の長さが30センチを超えるもの場合は「粗大ゴミ」扱いになります。ですので地方の自治体のホームページから確認してみましょう。

粗大ゴミ等を処分することがができるゴミ処理券はコンビニ等の窓口で購入できますよ!

 

1辺の長さが30センチ以下のヨガマットは、PVCやPERなど環境に優しい素材やエコなものが多いのでほとんどが燃えるゴミですが、中には燃えないものもありますので購入先やメーカーに問い合わせてみると良いです。

ですのでよっぽど変わった素材ではない限り、ヨガマットは燃えるゴミとなります。

 

もし、粗大ゴミとして分別をしたくない場合はハサミなどで小さく切ってから捨てると良いですし燃えるゴミとしての扱いですので環境にも優しいですね。

捨て方のポイント

  • 1辺が30センチ以上は粗大ゴミ
  • 1辺が30センチ以下はほとんどが燃えるゴミ
  • 粗大ごみの場合は小さく切ってエコ処分

そこまで難しくはありませんね。

ですが、、、粗大ゴミや燃えるゴミはゴミ処理券や有料袋などどうしても処分するのにお金がかかってしまうのでもったいです。

 

ということで「わざわざ地方自治体に連絡したり」「ヨガマットを小さく切って袋に詰めたり」しなくても処分する方法をオススメします!

 

処分ではなくリサイクルしよう!

状態がよっぽど悪くない限り、リサイクルショップや中古買取センターなどで買い取ってくれます。

しかもヨガマットは中古でも人気があり、メーカーやブランドによっては期待以上の金額で買い取ってくれる場合もあるんですよ!

もし使い物にならない場合でも引き取ってくれるので有料で手間をかけるよりは良いですね。

 

更に「ヤフオク!」などのネットオークションサイトや、「ラクマ」「メルカリ」などのフリマアプリなどでは需要があるのでお小遣い稼ぎにもなりますので新しく買い替える時の足しになるかもしれませんね!

 

処分する前に考えよう!

もしまだ使えるのに処分を考えているのであれば一度、本当に不要か考えてみてください!

断捨離の理由や、使いにくいなど次のステップへ進むための理由で手放すのであれば、欲しがっている人がいるので「ゴミ」としての扱いではなく是非リサイクルをしてエコライフを心がけていきましょう。

処分する前やっておくべきことは

  1. 売る・誰かに譲ることを考えよう
  2. 環境にやさしい処分の仕方をしよう

 

ヨガマットの処分方法のまとめ

ヨガマットは、広げると大きいものなので丸めても粗大ごみになると思われがちですが、小さく切ったりすることで燃えるゴミとして処分することができます。

ですが、まだ使える要素があるのであればリサイクルをすることで社会貢献にもなりますし処分する本人も楽に手放すことができますのでオススメですよ!