商品レビュー&比較

EE-RR50とEE-RR35の違いを比較!まさかの電気代や加湿力に違い?象印ZOUJIRUSHIスチーム

今回は象印(ZOUJIRUSHI)のスチーム加湿器「EE-RR50」「EE-RR35」の違いを比較しました!

通常は同じ型番だと能力は変わらず、容量などが違ったりするものですが、驚くことに今回の2つの機種はかなり変わってきます!

まさかの電気代や加湿力、適用床面積に違いがあるなんて思ってもいませんでした。

 

2つの機種は共に、2021年の9月上旬に発売され「EE-RR50」の方が上位モデルとして販売され、総合加湿器ランキングでも10位以内にランクインするなど評価なども含めて人気が高い加湿器です!

そんな「EE-RR50」と「EE-RR35」の違いや比較などを詳しくご紹介していきます。

 

という事で今回は、

  • 象印「EE-RR50」と「EE-RR35」の違いを比較!
  • 象印「EE-RR50」と「EE-RR35」はどちらがおすすめ?
  • 象印「EE-RR50」と「EE-RR50」の共通機能も紹介!
  • お得に購入する方法とは?

などをご紹介していきます!

 

▼▼上位モデル「EE-RR50」割引価格の最安値ショップをチェック!▼▼

 

▼▼「EE-RR35」割引価格の最安値ショップをチェック!▼▼

 

「EE-RR50」の口コミや機能性をまとめましたので参考にして下さいね♪

象印EE-RR50の口コミレビュー!評判良すぎでほぼ掃除いらずって本当?ZOUJIRUSHIスチーム加湿器 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 象印...

「EE-RR35」の口コミや機能性もこちらにまとめました!

象印EE-RR35の口コミレビュー!音がうるさくて電気代が高いと評判?ZOUJIRUSHI加湿器 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 象印...

 

象印「EE-RR50」と「EE-RR35」の違いを比較!

象印スチーム加湿器の上位モデル「EE-RR50」と「EE-RR35」の違いをお伝えすると、

  1. 加湿能力が「EE-RR50」の方が高い
  2. 適用床面積が「EE-RR50」の方が広い
  3. ポットの容量が「EE-RR50」の方が大きい
  4. 価格は「EE-RR35」の方が安い
  5. 連続加湿時間は「EE-RR35」の方が長い
  6. サイズや重さは「EE-RR35」の方がコンパクトで軽い
  7. 電気代は「EE-RR35」の方が安い
  8. 沸騰までの湯沸かし時間が「EE-RR35」の方が短い

というところがあります!

容量の大きさや時間の長さの違いがほとんどですね。

では詳しく1つずつお伝えします♪

 

 

【違い1】加湿能力が「EE-RR50」の方が高い!

加湿能力を比較すると、1時間に加湿できる能力は

  • 上位モデルの「EE-RR50」は480ml
  • スタンダート「EE-RR35」は350ml

ですので、130mlも加湿量が変わってきます。

それって実際どれくらい違うの?と私も思って調べてみましたが、

最大加湿量は、室温20℃で湿度50%の室内で、1時間あたりに放出できる最大水量です。

 

ということは、パワーが違うので「EE-RR50」の方が広い範囲でしっかり室内に潤いを届けてくれるという事になります!

「なんか加湿パワーがたりないなー」と思ったら加湿能力を見てるとどれくらいの範囲で加湿できるかわかりますね。

加湿量の範囲の違いついては次に詳しく説明します。

【違い2】適用床面積が「EE-RR50」の方が広い」

加湿能力と比例して、加湿できる範囲である適用床面積は「EE-RR50」の方が広いです!

加湿能力と適用床面積を表で表すと

最大加湿量 木造和室 プレハブ洋室
200ml/h 3畳 6畳
300ml/h 5畳 8畳
400ml/h 7畳 11畳

となります。

 

ですので「EE-RR50」と「EE-RR35」は

最大加湿量 プレハブ洋室 木造和室
上位モデル「EE-RR50」480ml 8畳 13畳
「EE-RR35」350ml 6畳 10畳

となり、2~3畳分加湿パワーが変わってきます!

 

【違い3】価格が違う

価格も「EE-RR50」と「EE-RR35」は少し違ってきます。

発売価格と今売っている相場の価格を比べると

上位モデル「EE-RR50」 「EE-RR35」
定価 16,500円 14,300円
今の最安値 14,648円前後 13,475円前後

と定価では2,300円違いますが、出回っている市場価格だと1,000円ちょっとしか変わりませんね!

2021年の12月上旬調べですので、今の市場価格を知りたい方はこちらからチェックしてみて下さい!

 

\「EE-RR50」の市場価格と最安値はこちら/

 

\「EE-RR35」の市場価格と最安値はこちら/

楽天の最安値はポイントやクーポンもチェックしての最安値です!!

機能性などを考えると、約1,000円しか変わらないのであれば上位モデル「EE-RR50」の方がお得ですね!

【違い4】ポットの容量が「EE-RR50」の方が大きい!

ポットの容量を比べると

  • 上位モデルの「EE-RR50」は3.0L
  • スタンダート「EE-RR35」は2.2L

ですので、「EE-RR50」の方が容量が大きいです。

 

ポット内には水位線が付いていて、その線を基準に水をいれることで、加湿器の運転時間にあった給水ができます。

画像は「EE-RR50」の給水線

 

ポットの容量が違うと加湿ができる時間も変わってきますので次に説明しますね!

【違い5】連続加湿時間は「EE-RR35」の方が長い!

ポットの容量は上位モデルの「EE-RR50」の方が大きいのですが、加湿連続時間は「EE-RR35」の方が長いです!

時間は以下の通りで

上位モデル「EE-RR50」 「EE-RR35」
連続加湿時間 強 6時間       弱 24時間 強 6時間       弱 27時間

 

「EE-RR35」の方が約3時間長いですね!

「EE-RR35」の方が長い理由としては、「EE-RR35の方が加湿パワーが小さいので連続時間も長くなる」です。

やはり上位モデルの「EE-RR50」の方がパワフルという事になり、加湿時間だけを見ると「EE-RR35」の方がよく見えますが加湿パワーも含めると「EE-RR50」の方が優れています!

 

 

【違い6】サイズや重さは「EE-RR35」の方がコンパクトで軽い

上位モデル「EE-RR50」 「EE-RR35」
本体質量 約2.4kg 約2.3kg
本体サイズ 約24×27.5×31.5cm(幅×奥行×高さ) 約24×26×27.5cm(幅×奥行×高さ)

高さはポットの容量が小さい「EE-RR35」の方が4cm低いです!

また重さは本当に微量な差ですが、「EE-RR35」の方が軽いですね。

 

違っても1kgの差ですし、サイズも高さだけが違っても4cmほどだけなので、そこまで気にすることはない範囲なのではないでしょうか?

 

【違い7】電気代は「EE-RR35」の方が安い!

タイプ 消費電力 電気料金
(1時間)
電気料金
(8時間)
「EE-RR35」 130〜305W 約3.5~8.235円 約28~65.88円
上位モデル「EE-RR50」 130~410W 約3.5~11.07円 約28~88.56円

 

「EE-RR50」と「EE-RR35」は加湿量と比例して消費電力が違うので、電気代も変わり1時間【強】で運転した場合、約2.835円違ってきます。

1日8時間運転で、約22.68円違いますので結構違いますね!

 

ですが、加湿パワーが最大の時という話ですので、設定を変えれば「EE-RR50」も「EE-RR35」と同じように電気代を抑えることができますのでそこは問題ないという結果になります!

 

【違い8】沸騰までの湯沸かし時間が「EE-RR35」の方が短い

象印(ZOUJIRUSHI)の加湿器は沸騰をさせてからのスチーム式なので、沸騰するまでに時間が必要です。

その時間が「EE-RR50」と「EE-RR35」の違いは

上位モデル「EE-RR50」 「EE-RR35」
加湿までの湯沸かし時間:通常 約25分 約20分
湯沸かし音セーブモード 約35分 約30分

となります。

待ち時間を比べると、容量が大きい「EE-RR50」は長めに時間がかかりますが、水の量を調整すればもう少し早く湧きますので、早く湧かしたいという方は水を調整することをオススメします!

あくまでもポットの水量で沸く時間が決まると考えた方が良いですね!

 

▼▼上位モデル「EE-RR50」割引価格の最安値ショップをチェック!▼▼

 

▼▼「EE-RR35」割引価格の最安値ショップをチェック!▼▼

 

 

「EE-RR50」と「EE-RR35」はどっちを購入するべき?

ここはズバリ「EE-RR50」の方がオススメできると言えます!

大きな理由としては、

  • 加湿能力・容量・適用床面積(加湿できる広さ)のどれをとっても「EE-RR50」の方が上だから!
  • 価格も1,000くらいしか変わらないのと、クーポンやポイントバックの質も高く安く買えるから!

などがあります!

市場に出回っている台数などで、値段の変動がありますので2021年の12月の段階では「EE-RR50」の方が割引率も高く、お得に買えるベストタイミングだと言えますね!

 

上位モデルの「EE-RR50」を購入するべきな方

  • 加湿能力や広い範囲でしっかり加湿したい方
  • ポットの容量も大きい方が良い方
  • 割引率などもみてお得に購入したい方
  • スペックが高い方が良い方

などは、「EE-RR50」を購入することをオススメします!

▼▼上位モデル「EE-RR50」最安値ショップをチェック!▼▼

 

「EE-RR50」の口コミや機能性を詳しくまとめましたので参考にどうぞ♪

象印EE-RR50の口コミレビュー!評判良すぎでほぼ掃除いらずって本当?ZOUJIRUSHIスチーム加湿器 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 象印...

 

「EE-RR35」を購入するべきな方

価格の差を考えて

  • 安く購入したい方。
  • ポット容量は2.2Lで十分という方。
  • 部屋の広さや加湿範囲がそこまで必要のない方
  • 加湿パワーにこだわりがなくて連続運転が長いほうがよい方

は「EE-RR35」をオススメします!

▼▼「EE-RR35」割引価格の最安値ショップをチェック!▼▼

「EE-RR35」の口コミや機能性をまとめましたので参考にして下さいね♪

象印EE-RR35の口コミレビュー!音がうるさくて電気代が高いと評判?ZOUJIRUSHI加湿器 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 象印...

 

 

今は1,000円くらいしか差はありませんが、価格は変動しますので購入の時は必ずチェックしてくださいね♪

 

「EE-RR50」と「EE-RR35」の共通する機能!

「EE-RR50」と「EE-RR35」の共通な機能は

  • 清潔な蒸気のスチーム式
  • お手入れ簡単「フィルター不要」&「広口容器」
  • デュアルタイマー
  • トリプル安心設計「チャイルドロック」
    「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」
  • デュアルセンサーで湿度を自動コントロール
  • 湯沸かし音セーブモード

 

などがあります。

先ほど紹介した、連続時間やポットの水位線、デザイン、などは割愛してます!

では1つずつ説明していきますね!

清潔な蒸気のスチーム式

加湿前に一度沸騰させたきれいな蒸気を、約65℃まで冷ましてからミスト化することによって、清潔な加湿を実現。

沸騰しているので、細菌やバクテリアなどが死滅し衛生面でも安心です!

加湿部分を上から見るとこんな感じです。

通常の加湿器よりも、吹き出し口がかなり広いですね♪

お手入れ簡単「フィルター不要」&「広口容器」

象印の電気ポットと同じ作りでフィルターも無く、傷つきにくいフッ素加工なので菌が繁殖しにくいのが特徴です。

広口容器で蓋も取り外しできるのでお手入れが簡単です。
給水もポットのようにふたを開けて注ぐだけです。

 

デュアルタイマー

睡眠の時間に合わせてタイマーをセット。

入りタイマー切りタイマーのデュアルタイマーになっており、

タイマーは2時間・6時間

をそれぞれ個別に設定できます。

入りタイマーは朝起きる時間に合わせての予約にオススメです!

切りタイマーは睡眠時の予約に最適ですね♪

 

トリプル安心設計「チャイルドロック」「ふた開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」

高温を扱うため、本体が倒れたりしても大丈夫な安心設計で、「チャイルドロック」「蓋開閉ロック」「転倒湯もれ防止構造」の3つの機能が備わっています。

チャイルドロックは、チャイルドロックキーを3秒押すことで全ての操作ができなくなります。

ふた開閉ロックは、ふたが開かないようにレバーで常にロックしているので倒れてもふたが開いたりしません。

転倒湯もれ防止構造は、斜めにしたり倒したりしても湯もれを最小限に抑えます。

この3つの安心機能によって、小さい子供がいるご家庭でも安心して使うことができますね♪

 

デュアルセンサーで湿度コントロール

デュアルセンサーが自動コントロールをし加湿を3段階で調整。

「湿度センサー」「室温センサー」の2つのセンサーが自動感知し、快適な湿度にしてくれます。

「しっかり」「標準」「ひかえめ」と3段階選択できて選択キーを押すだけの簡単操作です。

  • 空気が乾燥する冬の時期には「しっかり」
  • 運転秋口などおだやかに加湿したい時は「ひかえめ」

などお好みでモードを選ぶこともできます。

操作もシンプルなので、説明書を読まなくてもよいくらい簡単です♪

 

 

湯沸かし音セーブモード

湯沸かし音が気になる場合に使えるモードで、水の温度をゆっくり上げることによって、湯沸かし音を小さくすることができます。

来客時や、テレビを見ているなど音が気になるタイミングなどにも使えます。

また睡眠に入る時で沸かすのを忘れた場合でも静かに起動してくれるのでストレスなく入眠できますね!

 

 

 

「EE-RR50」と「EE-RR35」のお得な購入先は?

今なら正規店で買うよりも圧倒的に、楽天やAmazon、Yahoo!ショップで購入した方がお得です!!

「EE-RR50」も「EE-RR35」楽天だとポイント還元がしっかりされていてクーポンも併用できますので、実店舗よりも安く購入できます!

それぞれ紹介をすると、

上位モデル「EE-RR50」の最安値ショップ→割引率急上昇!お得なクーポン&ポイントバック中の「EE-RR50」をチェックする!

「EE-RR35」の最安値ショップ→お得なクーポン&ポイントバック中!「EE-RR50」をチェックする!

象印「EE-RR50」と「EE-RR35」の違いまとめ

モデル名 FK-W2 FK-W1
参考価格 16,500 14,300円
消費電力 985W 985W
加湿時最大消費電力 410W 305W
定格加湿能力 480ml/h 350ml/h
適用床面積 木造和室8畳(約13㎡)

プレハブ洋室13畳(約22㎡)

木造和室6畳(約10㎡)

プレハブ洋室10畳(約16㎡)

連続加湿時間 強 6時間       弱 24時間 強 6時間       弱 27時間
本体サイズ 約24×26×31.5cm(幅×奥行×高さ) 約24×26×27.5cm(幅×奥行×高さ)
タンク容量 3.0L 2.2L
機能
  • 連続運転の3段階(しっかり/標準/ひかえめ)
  • 湿度モニターランプ(低湿・適湿・高湿)
  • スチーム温度 約65℃
  • デュアルタイマー(入・切)
  • 湯沸かし音セーブモード
  • クエン酸洗浄
  • 空だき防止(ランプとブザーによる給水お知らせ)
  • 転倒時自動オフ
  • マグネットプラグ
  • ブザー報知
  • 3段階運転モード(しっかり・標準・ひかえめ)
  • 湿度モニターランプ(低湿・適湿・高湿)
  • スチーム温度65℃
  • デュアルタイマー(入・切)
  • 湯沸かし音セーブモード
  • クエン酸洗浄
  • 空だき防止(ランプとブザーによる給水お知らせ)
  • 転倒時自動オフ
  • マグネットプラグ
  • ブザー報知
本体質量 約2.4kg 約2.3kg
電源コード 1.2m 1.2m

 

象印のスチーム加湿器の「「EE-RR50」と「EE-RR35」の違いを大きくまとめると、

  1. 加湿能力が「EE-RR50」の方が高い
  2. 適用床面積が「EE-RR50」の方が広い
  3. ポットの容量が「EE-RR50」の方が大きい
  4. 価格は「EE-RR35」の方が安い
  5. 連続加湿時間は「EE-RR35」の方が長い
  6. サイズや重さは「EE-RR35」の方がコンパクトで軽い

でした。

型番が同じなので「そこまで差はないのかなー」と思いましたが、結構差はありますね!

特に加湿能力適用床面積の違いには驚きました!

 

価格差があまり無いうちは、「EE-RR50」が圧倒的にオススメですので、購入を考えているのであれば、是非参考にしてみて下さい!!

 

加湿能力は、口コミでもかなり評価が高く、スチームで部屋が暖まるくらいのパワーを持っているのでどちらかで悩んでいるのであれば、価格を考慮して比較することをオススメします!

これから加湿器を購入しようかと悩んでいる方や、「EE-RR50」「EE-RR35」のどちらにしようか迷っている方に少しでもこの記事や役に立てばと思います!

 

▼▼上位モデル「EE-RR50」割引価格の最安値ショップをチェック!▼▼

▼▼「EE-RR35」割引価格の最安値ショップをチェック!▼▼

 

「EE-RR50」の口コミや機能性をまとめましたので参考にして下さいね♪

象印EE-RR50の口コミレビュー!評判良すぎでほぼ掃除いらずって本当?ZOUJIRUSHIスチーム加湿器 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 象印...

「EE-RR35」も口コミや機能性も合わせてチェックしてみて下さい♪

象印EE-RR35の口コミレビュー!音がうるさくて電気代が高いと評判?ZOUJIRUSHI加湿器 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 象印...